プロフィール

Yukiko東京芸術大学附属高校、同大学を経て、同大学院修士課程を修了。在学中にクロイツァー賞を受賞。卒業後は同大弦楽科で伴奏助手を務めた後、86年に渡欧し、スイスで独奏者ディプロムを取得。マリア・カナルス国際ピアノコンクール第3位入賞。

通算12年を過したスイスでは、ベルンとシャフハウゼンの音大及びコンセルヴァトワールで教育にも携わりながら、ソリストとして数多くのリサイタル、オーケストラとの協演、また室内楽やリートの共演者としても活発な演奏活動を行なう。彼女の欧州での活動の成果は、以下のリサイタル評にも伺える。「この素晴らしいピアニストの傑出した強みはその個性的な作品観に基づいた徹底した音楽造形にあり、それは聴き手の心をとらえて離さない」(98年3月、Der Bund紙) 

98年春に帰国し、日本での活動を再開。99年冬から02年春にかけては「J.S. バッハ・6つのパルティータ連続演奏会」シリーズを開催。03年秋にはドイツ国立ブレーメン芸術大学より招かれ、ピアノ公開講座及びリサイタルを行なった。これまでに、リストのロ短調ソナタとラヴェルの「鏡」、バッハ「6つのパルティータ」の他、室内楽や現代作品のCDが出版されている。

現在、フェリス女学院大学音楽学部演奏学科教授。